2016年05月24日

パノラマ撮影にプレシジョンレベラー使用

a19.jpg
パノラマ撮影にベルボンのプレシジョンレベラー(Precision leveler)を使用して撮影してみました。
プレシジョンレベラーは、水平を出し等間隔で撮影することが出来るアクセサリーです。

水平方向はカメラを最小15度ずつ間隔で移動することが出来ます。
水平方向への回転箇所は2箇所で、目盛り無い回転軸でカメラの位置などを微調整し、目盛りのある回転軸で角度を合わせてながら撮影を行います。
カメラの台座の傾きを調整できる調整ダイヤル(傾き調整は10度)もあり、水平精度の高い調整が可能です。

a37.jpg
180度廻って裏側を撮りました。


a20.jpg
最終的な水平合わせの調整は、水準器を確認しながら調整。

重量は277g、本体に使われている「軽量金属」マグネシウムは比重が1.7で、アルミの2/3、鉄の1/4以下で堅牢な作りになっていながら軽量な出来となっています。

a17.jpg
ハーフND SOFTを使用して撮影

a21.jpg
機材:Canon 5D MarkU+ZEISS 21mm f2.8+雲台PHD66Q+三脚PRO GEO V630+ハーフND SOFT+プレシジョンレベラー

a22.jpg
0〜30度

a23.jpg
30〜60度

a24.jpg
60〜90度

a25.jpg
90〜120度

a26.jpg
120〜150度

a27.jpg
150〜180度

a1.jpg
3枚合成(0〜90度)

a2).jpg
3枚合成(90〜180度)

a3.jpg
6枚合成(0〜180度)

使用時、撮影後の写真と特に不満なくというものでした。
横位置30度間隔で十分ゆがみの少ない写真が撮れますが、さらに精度を上げるには縦位置15度ずつの撮影が最も良い方法になります。

口コミでの評価も高く、グリースの漏れが無いなど作りの良さを評価するコメントもあります。ただ稼動箇所が油圧タイプで少し重いという指摘もあります。
パノラマ撮影だけでなく、星景・星野写真を撮影する際のポータブル赤道儀の極軸合わせ、三脚を使用した精度の高い流し撮り、鳥撮影、ビデオ用での使用などで使われる方がいらっしゃるようです。

三脚取付ネジ穴は、購入時はUNC1/4(細ネジ)が装着されているが、付属のネジ回しでアダプターを交換するとUNC3/8(太ネジ)にも対応可能です。大型三脚にも取り付けることができます。
三脚の雲台取り付けネジ径は世界基準で2種類なので、どの三脚にも取り付けることができます。

⇒Velbon Precision Leveler プレシジョンレベラーはこちら


posted by kiii at 06:39| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いつも拝見させて頂いています:)

ありがとうございます。大変参考になりました。
とても便利なものですね!

これで精度を高めてパノラマ撮影できそうです:)
Posted by wise camera at 2016年05月25日 16:39
wise camera様

コメント有難う御座います。

参考になるような記事でよかったです。
パノラマ撮影には便利です。


Posted by kii at 2016年05月25日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。